【厚生労働省】ひとり親家庭の親の学び直し支援を実施

投稿日: 2016年04月05日 11:03:36カテゴリー:文部科学省からのお知らせ

厚生労働省は平成27年から補助事業として、ひとり親家庭の親の学び直し支援「高等学校卒業程度認定試験合格支援事業」を実施しています。

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業とは、ひとり親家庭の親の高卒認定試験合格の支援を行い、正規雇用を中心とした就職や転職への可能性を広げるための事業です。

高卒認定試験合格を目指すための対象講座(通信講座含む)を修了した時と高卒認定試験に合格した際に受講費用の一部を支給する仕組みとなっています。

まだ活用していない方は、この機会に是非チェックしてみてください。
(※制度を設けていない都道府県もあるとのことなので、ご注意ください。)

◆対象者
ひとり親家庭の親であって、次の要件の全てを満たす者。
ただし、高校卒業者など大学入学資格を取得している者は対象としない。
○児童扶養手当の支給を受けている又は同等の所得水準にあること。
○就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場などから判断して
 高等学校卒業程度認定試験に合格することが適職に就くために必要と認められること。

◆対象講座
高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す講座(通信制講座を含む。)とし、実施主体が適当と認めたもの。
ただし、高卒認定試験の試験科目の免除を受けるために高等学校に在籍して単位を修得する講座を受け、高等学校等就学支援金制度の支給対象となる場合は、本事業の対象としない。

◆支給内容
○受講修了時給付金:受講費用の2割(上限10万円)
○合格時給付金:受講費用の4割(受講修了時給付金と合わせて上限15万円)
※受講修了日から起算して2年以内に高卒認定試験に全科目合格した場合に支給

■ 高等学校卒業程度認定試験合格支援事業についての詳細 ■
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000074604.html

■ ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業実施自治体一覧 ■
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/__icsFiles/afieldfile/2015/12/07/1364988_01.pdf

前後のニュース

月別

follow us in feedly